« サークルのためならえんやこら~ | トップページ | ごめんなさいごめんなさいごめん…(無限ループ) »

君の瞳が眩しくて…

ついさっき、「らき☆すた」を見た。

登場人物のアホ毛の少女、彼女の緑色の瞳に私は思わず吸い込まれそうになった。

だから、思わず目をそらしてしまった。

彼女の瞳が眩しすぎて…。

彼女のまっすぐな瞳、何者にも屈しないまっすぐな瞳、全てを見透かすようなまっすぐな瞳…。

彼女は本当はダメ人間と呼ばれる人種だけど、私にはとても輝いて見えて、とてもじゃないけど直視できなかった。

彼女の瞳は語っている。

「譲れないものってあるじゃない?」

眩しい…眩しすぎる…。

今も、私の胸はざわめいている。恋?愛?違う。これはきっと違う。

これは憧れ。

自分の道をまっすぐに突き進んでいる彼女への憧れ…。

何かに向かって突き進んでいる人は美しい。

美しい心、それを持った人に私はなりたい。

|

« サークルのためならえんやこら~ | トップページ | ごめんなさいごめんなさいごめん…(無限ループ) »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241791/30464800

この記事へのトラックバック一覧です: 君の瞳が眩しくて…:

« サークルのためならえんやこら~ | トップページ | ごめんなさいごめんなさいごめん…(無限ループ) »