« こんな英語教材があったら僕はもう… | トップページ | 最近余裕無いなぁ~ »

もってけ!セーラー服!

Fate Zero 1 をようやく読み終わりました。(ネタばれ注意)

以下はFateにおける固有名詞などが出ます。

第四次聖杯戦争。

それは既に決着の着いた戦い。

Fate/stay nightから遡ること10年。

イリヤスフィール・フォン・アインツベルンがまだ8歳であったころ、その戦争は行われた…。

「そこのワルサーよりもな、イリヤの体重は軽いんだ…。」

荘厳な銃器を手に、戦場の父は苦悶の表情を浮かべながら語る…。

「うん!イリヤは我慢するよ。キリツグのこと、お母様と一緒に待ってるよ」

少女は知らなかった。戦争というものが一体どのようなものなのかを…。

 

 

とまあ、とりあえずFateの要約も終わったところで、(嘘だっ!!!)改めて感じる。

戦争っていつの時代も悲しいものですね。どうか世界が平和でありますように…。

 

読んでて感じたこと。

『制服王イス○ンダル、セイバー&ランサー戦の真っ只中へ』のシーンで、

「ああ、TRPGにおける私の行動は、傍目から見るとこんな感じなんだろうなあ。」と思った。

それと同時に、

「もしや、私の行動は英霊に通じるものがあるのか!!」と思った。

でも何かが少し違う。

う~んと考えた。

「そうか!!制服王にあって、私に無いもの、それは自信、そして潔さだ!!」

自分の真名を惜しげもなくばらす制服王。

その行動自体はセオリーから外れた奇妙なものかもしれないが、堂々と胸を張っていれば示しはつくものだ。

以前のTRPGのセッションで私は大きなポカをやった。私のキャラクターの立ち位置から、真名を名乗るのをためらってしまったのだ。その後はズブズブと泥沼にはまっていってしまった。

あの時の私のロールプレイに足りなかったもの、それは自信と潔さだったのだ!!

 

彼の存在が私のロールプレイ魂にまた一つ新たな要素を付け加えようとしている。さすがは英霊。さすがは制服王。彼らのようになれば、後世に残るような伝説を作れるに違いない。

               

                   ―青年よ 神話になれ…―

 

ともあれ、作中での素敵なイス○ンダルの行動は、笑○で「面白い!座布団一枚!」と叫ぶのに匹敵すると思う。

代わりに私はこう叫ぼう。

「素敵だ、制服王!もってけセーラー服!!」

|

« こんな英語教材があったら僕はもう… | トップページ | 最近余裕無いなぁ~ »

未分類」カテゴリの記事

コメント

・・・まぁ頑張れ
追伸:それはそうとパンチの効いた自己紹介を頼むぞ

投稿: sakae | 2007年5月24日 (木) 15時26分

自信はともかく、潔さは大事ね。いつでも。
ところでキャンペーン掲示板のほう確認していただきたく。

投稿: 風矢 | 2007年5月24日 (木) 22時42分

>パンチの効いた…
「パンチというものを知っているか?」と嘯きながらも散っていった某海賊漫画のキャラを思い出しました。

>キャンペーン掲示板のほう確認していただきたく。
確認&返信無事終了しました。

投稿: midorimu | 2007年5月25日 (金) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241791/30464827

この記事へのトラックバック一覧です: もってけ!セーラー服!:

« こんな英語教材があったら僕はもう… | トップページ | 最近余裕無いなぁ~ »