« 数ヶ月振りに… | トップページ | 今期のアニメについて »

最終回「スクールデイス」

とうとう見ました。アニメ版スクールデイズ最終回。

あえて言おう。「nice boat!」ww

(ゆる~く、そして意外とネタばれ?)

 

「他にも聞いて回ったんだけどさ~、伊藤ってやっぱいい奴っぽいよ~。概ね評判は良好。」

           嘘だっ!!

世界!君の情報源は間違っている!

…って思ったけど、優柔不断で誰にでも優しい人物って高評価になるのでは?とふと感じた。

男は狼なのよ~、気をつけなさい~♪ ww

 

あと、4~最終回一歩手前までをすっ飛ばしてしまったから知らないのですが、最終回は世界が○んでから何ヶ月経ってるかな?

○んですぐだったら見ても分からないんじゃない、言葉ちゃん?

 

いや~、しかし、あれだね。

ゲーム原作のアニメとかって、基本的にメインルートを通るよね?

某先輩キャラを選んだSH○FFLE!などは知りませんが…。

ってことは会社側としてはこれがメインルート?(ちなみに、SH○FFLE!原作についてはネ○ネをメインヒロインと考えていたと聞いたことがあるが…)

とりあえず、「原作スクールデイズの真エンディングは鮮血じゃない!幼馴染ルートが~~~爆)」などと意気込み、みんな幸せルートを探していた私の目論見は見事潰えたわけです。まる。

 

あと、前まで私の中で「かわいそう」という位置づけだった言葉ちゃんが「かっこいいぜ」という立場にクラスチェンジしましたよ。ww

やっぱり、相手をビビらせたら攻撃にボーナスとか入ってもいいよね?というか、回避側にペナルティーとか入ってもいいよね?とTRPGのGM方に主張したいが、猛烈に嫌な予感がするのでやめておく。w

 

最後の言葉ちゃんの目が虚ろじゃ無かったことに妙に感動しながら今日はここまで~。

あぁ、別に私は言葉ちゃんの行動を推薦・助長しているわけではこれっぽっちもありませんので、その辺は悪しからず~。w

|

« 数ヶ月振りに… | トップページ | 今期のアニメについて »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

>ビビらせたら相手にペナルティ

FEARゲーならそもそもそういう特技などがあったりするし、なくても適当にペナルティ与える系の特技使って演出で再現したりもできるね。

notFEARゲーなら、口プロレスで。結局、GMの裁量だね。
俺がGMなら、ビビる理由に納得できたら、ちょっと敵の行動にペナルティつけてもいいかな。ただし、GMの出した敵にビビるかどうかも判定してもらうことになるだろうが(笑
(midorimu氏の嫌な予感はこれを指しているんかな)

投稿: 黒猫夜 | 2007年10月 4日 (木) 01時23分

>ビビらせたら相手にペナルティ

私なら恐怖判定+トラウマ植え付けでその分数値的修正と言った所か。
深淵なら縁故,GURPSなら不利な特徴,クトゥルフなら狂気、と意外とその辺りは整備されているしね。
現代社会で生○詰めたもの見せればSANチェックは有りだろ。

故にあえて言おう!
両手を広げて銀髪ウネウネ程度では恐怖が足らんッ!
もっとだ・・・もっと演出をッ!
凝れ!凝るのだ!

投稿: 戯言氏 | 2007年10月 4日 (木) 07時51分

>(midorimu氏の嫌な予感はこれを指しているんかな)

そうですね。
やはり、この辺はきちんとルール化されたものでないとお互い不満が出そうですな。毎回ボーナスを求められるような状況になりかねませんし。
まあ、ボーナス&ペナルティつけるとしてもGMが妙に納得したときに限り、って感じですかな。w

>両手を広げて銀髪ウネウネ程度では恐怖が足らんッ!

あれは、PCに被害なく、かつ持てるリソースを自分なりに最大限に活かした結果ですよ。いわゆる「BEST」です。w
今思えば「飛び散った血が黒くこびりついたメイド服」もアピールポイントになったわけですが…。
まあ、やりたいことやったし別に良いか。ww
ます氏、迷惑かけてスマソです。ww

投稿: midorimu | 2007年10月 4日 (木) 14時30分

まぁやめてといいつつも楽しんではいるので謝ってもらうことでもないですよ。
蓋を上げるまで結果は分からないわけですから安全志向の押しつけをしてしまうのはこちら側がなおした方が良い部分ですし。

やはりホラー系の演出と言ったら過剰なまでの形容詞だろうか。でもラブクラフトの文体は眠くなr

投稿: ます | 2007年10月 4日 (木) 18時07分

>まぁやめてといいつつも楽しんではいるので

どうもです。w

>でもラブクラフトの文体は眠くなr

スピード感は大事ですよね。ホント。

投稿: midorimu | 2007年10月 4日 (木) 19時26分

真の恐怖とは「相手が何なのか理解できない」だと思うのですよ。
怖いもの見たさというのは、怖いものを理解して怖くないものへと変換する欲求なのです。
つまり恐怖した言葉が世界を××したのも恐怖ゆえの行動です。SAN値が減ってた人の行為が他人のSANも減らすわけだ。とかソレっぽいことを言ってみる。

投稿: 風矢 | 2007年10月 4日 (木) 22時10分

>真の恐怖とは「相手が何なのか理解できない」だと思うのですよ。

理解することの恐ろしさを、私はクトゥルフで知りました。
SANチェック後に求められるアイデアロールに成功してもPCは苦しいだけですよ?
まあ、そういうロールプレイは大好きですが。ww

>SAN値が減ってた人の行為が他人のSANも減らすわけだ。

その辺は同感ですね。ww

投稿: midorimu | 2007年10月 5日 (金) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241791/30465000

この記事へのトラックバック一覧です: 最終回「スクールデイス」:

« 数ヶ月振りに… | トップページ | 今期のアニメについて »