« ヒトデ以外も彫れるんだ… | トップページ | でも、それって僕の愛なの~♪ »

そりゃ無いよ~

「灼眼のシャナⅩⅥ」を読みました。

灼眼のシャナ 16 (16) (電撃文庫 た 14-21)

灼眼のシャナ 16 (16) (電撃文庫 た 14-21)

  • 作者: 高橋 弥七郎
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 文庫

以下感想(ネタばれあり。物語の確信に触れる部分が(ry)

 

成長を見守るのが楽しいキャラだっただけに、

悠二の言動にいちいち腹が立つ!!ムキ~~~!!

 

そりゃあさ、そりゃあさ、悠二は被害者だし、悪いのは蛇だけどさ、これじゃ周りの覚えてる人たち可愛そう過ぎるじゃん!!

しかも姿だけではなく、声まで入り混じっているとは!!

悲しい、いや、悲しい以上に頭にくる!!ムキ~~~!!

 

蛇はシャー○ンキングのハオ並に嫌な奴だ。えぇ、全く!

ヘタレが混じってた頃の悠二を帰せ~~!!(切望)

_________

はぁ、はぁ…、高橋先生、…読者の…心の扱い方を…はぁ…良く、心得て…いらっ…しゃる。ガハッ…。

さすがです。

 

いや~、今回もすばらしい出来だと思います。

なんとも絶妙でした。

 

特に戦闘では、「やったか?うぉっ!しまった!すっかり忘れていたぜ!ぬぅ!うぉっ!?(ry」という感じでした。

安易な力ゆえの強さではなく、数々のリソースを上手く使用した頭脳ゆえの強さという感じがして、とても熱くのめりこむことが出来ました。

いや~、それにしても心情表現が上手いなぁ。

 

そういえば、結局『悠二の炎が銀色だったのは暴君Ⅱが宿っていたためであって、蛇が君臨した今は黒色の炎になった。暴君は蛇の意思を呼び起こすための感情収集装置、そして蛇は暴君Ⅰ、Ⅱの融合により呼び覚まされた。』って事でいいのかな?

何故感情を集める事で蛇が呼び覚まされたのかはまだ語られて無い(よね?)ですが、さてこれからどうなるんでしょう?

続きが非常に楽しみです。ww

 

イラストに関して。

今回のイラストの注目点は、やはり「目」でしょう。

目がいろいろな事を物語っています。

「今までとキャラのデザインが変わった?」と感じる部分がありましたが、恐らく目を強調したが故では無いでしょうか。

目は口ほどにものを言う。多少の違和感を振り払えるほど、目に力を込められているなと感じました。

お疲れ様です、のいぢさん。w

 

では、時間が早く出版される事を祈って。

 

|

« ヒトデ以外も彫れるんだ… | トップページ | でも、それって僕の愛なの~♪ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241791/30465054

この記事へのトラックバック一覧です: そりゃ無いよ~:

« ヒトデ以外も彫れるんだ… | トップページ | でも、それって僕の愛なの~♪ »