« 寝クリスマス・イヴ | トップページ | アニメ「D.C.Ⅱ」第十三話「桜笑み君想う」 オチツイタver »

アニメ「D.C.Ⅱ」第十三話「桜笑み君想う」

アニメ版「ダ・カーポⅡ」13話を視聴した感想。あと、今回のあらすじ。

遂に最終回ですよ~。

(以下超~~~ネタばれ注意!今回の感想は自重しない。)

 

ぇえぇぇえぇぇええぇぇぇええええ!?

マジっスか?マジっスか?www

最高!!wwwwwwww

マヂでD.C.最高!!wwwww

 

最後の3分で盛大に吹いてしまいました。www

ヤベェ、涙が。www

 

___________

順を追って説明しよう。

 

前回、

理事会の決定により美夏が退学処分になる事が告げられた。

さくらを探して走る義之。

(今回)

しかしその日、さくらは家に帰ってこなかった。

悩む義之。

学校に着くと学校の様子がおかしい。

美夏の退学の件が校内で正式に発表された事によるボイコットのようだ。

しかし、美夏は自分のせいで皆の経歴に傷が入ることを嫌い、沈静化を促す。

そして、美夏は最後に3日間ほど、いつも通りの学校生活を送る事を願う。

流れる3日間。

その間に学校中で美夏の卒業式を計画する。

そして美夏は全校生徒が見守る中、卒業証書を受け取り、涙の中皆に感謝の意を述べる。

______________

いい話です。

ロボットと人間という深いテーマの中、学園生と心を通わす事が出来た、とても綺麗なストーリー。

いい話です。

 

しかし、原作をプレイされた方は思うでしょう。

「原作どおりか…」

そう、ここまでは原作の美夏ルートとほぼ同じ。

原作では直後にEDがかかって、その後アフターストーリー。

思う存分泣いた後に希望を与えてくれる。それがD.C.の見所の一つであります!

 

じゃあ、何が問題なのかって?

___________

突如入り乱れる赤と青のスポットライト。

美夏をステージ裾に誘導する音姉。

杉並「Ladys and  Gentlemen!

さあ、お楽しみはこれからだ~!!」

渉「みんな~!明るく激しく美夏ちゃんを送り出そうぜ~!!」

突如始まるバンドメンバーによる演奏!

EDとして挿入歌「桜笑み君想う」

美夏「ありがとう、みんな。」

 

END

__________________

えぇぇぇぇええぇええぇえ!?ww

最高!!ww

やってくれたぜ!!ww

予想の斜め上ってこういうことなのね!!ww

妙にツボにハマる!ww

マヂで笑いが止まらん!ww

 

感想を書こうと思ったんだけど、やっぱり今のテンションじゃ無理!!ww

また改めてまともな感想を書こうと思います。

 

それにしてもD.C.は最高!!

私の中で再び信仰度上昇しました。ww

 

 

|

« 寝クリスマス・イヴ | トップページ | アニメ「D.C.Ⅱ」第十三話「桜笑み君想う」 オチツイタver »

D.C.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241791/30465134

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「D.C.Ⅱ」第十三話「桜笑み君想う」:

« 寝クリスマス・イヴ | トップページ | アニメ「D.C.Ⅱ」第十三話「桜笑み君想う」 オチツイタver »