« 生存報告 | トップページ | ぼくたちは、恋していく。 »

アニメ「D.C.Ⅱ」第十一話「小恋、ココロ、うらはら」

少々遅れてしまいましたが、

アニメ版ダ・カーポⅡ第11話を視聴した感想です。

(ネタばれ注意)

__________

気付き、そして成長していく。

本人にその自覚は無くとも、確実に成長している。

 

そんな事を感じさせてくれる今回でした。

 

っていうか、小恋にいろいろ話せる友、ななかが居て良かった~!!

もし居なかったら、絶対病み化フラグですって!!

ホント、どうしようかと思いましたよ。ww

 

ななかに、

「もうダメかもしれない…。」と心の内を話した小恋ですが、問題はこれからだと私は思います。

泣いてスッキリして、義之に食いついていける元気を取り戻せば新しい道が開け、

無理に耐えてスッキリ出来なければ自然消滅の確率高し…。

でも、今まで溜め込むタイプだった小恋が、ななかに打ち明けると言うアクションを起こせたんだから、私はまだまだ小恋には勝算があると思います。

とりあえず、今は堪えずに涙を流すんだ。空いた涙のスペースに、より多くの元気を詰め込めるように。

 

 

さて、今回は美夏も大きく成長していますね。

委員長の事情を知って、今までの自分の感情を振り返れる。そして反省出来る。

美夏の体内では確実に革命が起こっている様子を感じ取る事ができました。

 

委員長とのバトルも佳境…かと思いきや救世主、委員長の弟が出てきましたね。

やはり子供の笑顔は場を和ませるのですね。

でも、委員長弟が純真に育っているのは、明らかに委員長の育て方が影響していると思います。

「自分の苦しみを弟に味あわせたくない!」そんな感情が、委員長の背中から感じられました。

うん、良いお母さんになれるよ、委員長。

 

さてさて、今回は小恋に声をかける回数が多かったように感じた義之でしたが、ちょっとすれ違い気味。

でも、前よりも確実に小恋のことを気にかけることが出来るようになったという点で、彼も徐々に成長しているのでしょう。

 

そして、かわいいなのは…ゲフンゲフン、さくら。

危ない、危ない。キャラクターに中の人なんて居ない。

きっと、気の迷いですね。ww

それにしても、やはり魔法少女はイイ~!!!(・∀・)/

 

…私も成長したいと思います。イロイロと。

 

音姉もいろいろと心痛が多そうですが、頑張ってください。

 

…私も頑張りたいと思います。イロイロと。

 

さてさて、次回は 「心の架け橋」

誰の、誰による、誰のための架け橋なんでしょう?

期待が膨らみます。ww

|

« 生存報告 | トップページ | ぼくたちは、恋していく。 »

D.C.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241791/30465117

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「D.C.Ⅱ」第十一話「小恋、ココロ、うらはら」:

« 生存報告 | トップページ | ぼくたちは、恋していく。 »