« 無知 | トップページ | 朝起きて »

大学の帰り道、

ぼうっと歩いていたら木の葉が飛んできて、

口に張り付いて飛んでいった。

 

「く…唇を奪われた!?」

 

hit&awayならぬkiss&away。

 

kissは…木の葉の味がした。

|

« 無知 | トップページ | 朝起きて »

日常」カテゴリの記事

コメント

それは,キミを見守っていた木々の精霊が別れを告げていったんだよ.

でも大丈夫,また春になれば(以下略

投稿: 黒猫夜 | 2007年12月 4日 (火) 02時14分

>また春になれば(以下略

脳内に枯れない桜が咲いてるD.C.ヲタクのmidorimuです。

>キミを見守っていた木々の精霊が別れを告げていったんだよ.

召喚術を極めて木の精霊を召喚!
「か…枯れてる~(泣」
そんなラノベ的展開を思いついた。
そのうち文章化して見ようかしら。

投稿: midorimu | 2007年12月 4日 (火) 07時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241791/30465101

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 無知 | トップページ | 朝起きて »