« 新ヒロイン | トップページ | 盛大に凹む… »

撃て撃て僕らのヘンリエッタ

借りていた「GUNSLINGER GIRL」1~8巻を読みました。

アニメ1期は2巻までの内容だったのね。道理で中途半端なイメージを受けたわけだ。

 

鬱漫画と名高いこの作品ですが、

個人的な意見としては「鬱とは違うんじゃない?」ですね。

それぞれの正義を抱え、それぞれの理想を掲げ、様々な思惑に踊らされる人々。

誰の視点に合わせるかによって正義にも悪にもなる、そんな構造。

「自分の正義のためならば子供だろうが何だろうが効率よく使う。」

一見非道に見えて、でも利用されている子供たちは義体化されてなかった場合生きている事すら出来なかったかもしれない子供たちで…

大人たちが効率よく子供たちを使うために施す『条件付け』(洗脳の一種)も、実は子供たちの絶望を取り除くのに貢献してて…

でも、条件付けには記憶に関する副作用が現われたりして、使う側の大人達はそれを見て罪の意識とかやるせなさを覚えてて…

第3者からしてみれば、大人の都合で義体化したんだから責任ぐらい取れ!って気分かも知れないけど、その大人も、理想を持ったただの弱い人間で…

悪循環だけど仕方なくて…

 

私はこの漫画を読んで、「鬱」というより「非常に人間らしいなぁ。」と感じました。

まあ、人間らしさを鬱と感じるなら話は別ですが、私はそんなに悲観したくないなぁ…

 

 

ちなみに私のお気に入りはトリエラ&ヒルシャーのフラテッロです。

私がこの作品の深さを感じることが出来るようになったのはこのフラテッロの過去を知ってからです。

正直あの話を見て頬を思いっきり叩かれたような気がしました。

いかに私が薄っぺらい気持ちでこの作品に臨んでいたかを思い知らされましたね。 

そして、私も信じたい。世の中捨てたもんじゃないって。

 

 

何はともあれ、アニメ2期が放送開始してますね。祝!

低予算?みたいな評価も聞きますが、どうなんでしょう。

まあ、私は噂で聞くよりも実際に目で見て判断する方が好きなのでそのうち視聴したいと思います。

 

 

いやあ、それにしても「いい時間を過ごした」と思える作品はいいですね。

今はとても眠いけど、とても満足。

後は単位を落とさないように全力で挑むまでです。w

だって、自分の成績を、気に入った作品のせいにはしたくないですもんね。w

 

さてさて、9巻はアンジェの話の模様。

友よ!続きも頼む!w

|

« 新ヒロイン | トップページ | 盛大に凹む… »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241791/30465157

この記事へのトラックバック一覧です: 撃て撃て僕らのヘンリエッタ:

« 新ヒロイン | トップページ | 盛大に凹む… »