« 今回の追加キャラは興味深いです。 | トップページ | か…感動!!(T0T)/ »

一言の重要さ

双葉稀鏡氏のブログにて
http://fuya.blog.shinobi.jp/Entry/495/#comment
「一言テーマ」募集なるものをやっていたので
「耳たぶ」でお願いすることにした。

まあ、許諾されるかどうかは別として。ww

お願いしたは良いものの一つ問題発生。

募集要項に
『なお公序良俗に反するもの、長すぎる言葉、海産物と当方がみなしたものは、断らせていただく場合がございます。 』
という文章を見てからというもの、
卑猥な形状をした海洋生物「みみたぶぅ」が頭を離れません。ww

なお、この物語はフィクションであり、実在の(ry

__________________
「…あった。」
××県△△村の民俗資料館の片隅で、僕はある伝承に関する記事を見つけた。

『実在した!?巨大海洋生物「みみたぶぅ」』

20××年○月△日

××県△△村に海水浴に訪れていた大学生 椎名麗さん(18)が突如海中に姿を消した。
行動を共にしていた金成漢さん(19)はこう証言している。
「突然短い悲鳴を上げたと思ったら、何かに引きずり込まれるかの様に海中に姿を消したんだ!」
村の住人はこう語る。
「「みみたぶぅ」の仕業じゃ。」

この村には、とある伝承がある。

夏になると、時折女性が「みみたぶぅ」に海中に引き込まれるというものだ。
その生物は、アワビに無数の触手が生えたような形状をしているという。
そして、この生物には特徴的な習性がある。
その触手で耳たぶに吸い付くというのである。
対象になった者は、耳たぶを甘噛みされたかのような快感を味わい、ひるんだ隙に海に引き込まれてしまう。
この習性が名前の由来になったのは言うまでもない。
昔みみたぶぅの被害に遭いつつも、無事に生還したという経験をもつ益荒男振さん(89)はこう語る。
「ほっほっほ。
あれは、まるで本当に甘噛みをされたような快感じゃったよ。
恐怖なんてあの快感の前では消え失せるわい。」

益荒男振さんは当時、中性的な顔立ちをしており、女物の水着を着用していたことから、みみたぶぅは益荒男振さんを
女性と勘違いした可能性もある。

また、この「みみたぶぅ」は別名「ゆりいか」とも呼ばれている。
この名前の由来について、村人は顔を赤らめ、固く口を閉ざしたままである。

この村には人魚伝説も数多く残っている。
今回の件と何か関係があるのだろうか?

海は依然穏やかで、波一つなく水温も程よい。平和そのものである。
本当に巨大海洋生物「みみたぶぅ」は存在するのだろうか?

この件に関してはまだ調査を行う必要が…
うわ、何をする!!
ひゃっ!!

qあwせdrftgyふじこlp;@:「」
            (ここで、突如記者美見菊子からの通信は途絶えている)

…何だ?この記事は?

だが手がかりはこれしかない。
××県△△村。1年前に僕は、彼女とこの村にやってきた。
そして、見失った。泳いでいる途中に。
僕は真相を知りたい。
幸い、僕の顔は中性的だ。
女物の水着も、まあ、用意した。

待っていろ、みみたぶぅ。
おまえを白日の下に晒してやるぞ!


次の日、僕はみみたぶぅの正体を知ることになる。
____________

う~ん。
自分がいったい何を書きたかったのか分からなくなってきましたよ。

やはり、睡眠の足りてないときはろくなことを書きませんね。w

あぁ、双葉稀鏡氏、内容はかぶらないようにお願いいたします。w

|

« 今回の追加キャラは興味深いです。 | トップページ | か…感動!!(T0T)/ »

空想シリーズ」カテゴリの記事

コメント

どう頑張っても君とネタが被るとは思えないよw

投稿: 双葉稀鏡 | 2008年3月26日 (水) 23時11分

あざーす。ww

投稿: midorimu | 2008年3月26日 (水) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241791/30465317

この記事へのトラックバック一覧です: 一言の重要さ:

« 今回の追加キャラは興味深いです。 | トップページ | か…感動!!(T0T)/ »