« 脱力 | トップページ | こんなことを言うと淑女に怒られそうですが、 »

怪獣図鑑に載ってそうだ

シャーマンキングを読んで考えたこと。

今は空前のツンデレブームである。(標本数1)

ツンとデレのギャップがいいらしい。


時に、デレとはなんだろうか?

考えるに、デレとは「大好き!」の表現方法ではなかろうか?

言うなればラブラブである。

ラブ=愛

ここでシャーマンキングの話に戻るわけだが、

シャーマンキングのアンナさんは葉を愛している。

しかし、見た目デレない。

2人きりの時もデレない。(まあ、霊たちがいつも一緒だからかもしれないが。)
デレに至る過程、という本来の意味から見てもデレてない。

しかし、アンナさんは葉を愛してる。

これは、きっとあれだね。

常に体内ではデレが渦巻いてるんだね。

これをツンデレと呼ぶには不適切であろう。

何か良い表現は無いものか?

ツンの中にデレを…内包…


”ツン”
”デレ”


”  ツン  ”  ウィーン
”   デレ  ”


”  ツ  ン   ”  ウィーン
”   デレ    ”


”  ツデレン   ”  ガシャン!

怒りんぼ怪獣「ツデレン」
身長:中学生程度
体重:中学生程度
得意技:右手のビンタ
必殺技:左手のビンタ
特徴:いつも怒っているように見える。
   

我ながらしょーもない。w

ようし、次はツデレン亜種を探しに出発だー!w

|

« 脱力 | トップページ | こんなことを言うと淑女に怒られそうですが、 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241791/30465654

この記事へのトラックバック一覧です: 怪獣図鑑に載ってそうだ:

« 脱力 | トップページ | こんなことを言うと淑女に怒られそうですが、 »