« 今朝あった怖い話 | トップページ | 敢えて突っ込みはしない…なんて無理だ!!ww »

天上天下

「エア・ギア」に味を占め(?),大暮維人先生の作品
「天上天下」を19巻まで読みました.

天上天下 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)

天上天下 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 大暮 維人
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1998/05
  • メディア: コミック


Oh!great!ww

以下,感想と読んでいて疑問に思ったこと.(ネタばれ注意)

感想:
ボブ格好良いね!

何度も寝返りフラグがちらついていて,円戦では「遂に来たか!??」と思いましたが,
結局寝返っていないボブに感嘆しました.ww

この焦らし上手!!ww

あ,でも自慢のブツは出し過ぎると捕まりますよ?ww


・「誰が主人公?」

えっ?真夜でしょ?

18巻にてメガテンのヒロイン枠的な裏事情が明らかになりそうでしたが
俄然私の中では主人公枠です.ww


まあ,
いつの間にやら化け物レベルに改造されている宗一郎にあまり好感が持てていないだけなのですがね.ww

【読んでいて湧いた疑問】(読み込み不足だったらスマソ)
_________________
・なぜ赤羽の血を引いている人にだけ共振が起こるのか?

あらゆる人の体内には7つの龍門(チャクラ)があり,十分な氣があれば門が開いて力を発揮できる.
赤羽衆(異形の力を持つとされる家系の総称)が他の人と異なるのは,それらとは別に8つ目の龍門を持っていることである.(9巻P42)
つまり,赤羽の人々は特異な能力が使えるのは8つ目の龍門を持っているからであり,その原動力は他と同じ氣であると考えられる.

だが,共振とは異能の力同士が集った時に共鳴を起こす現象と説明されている.

8つ目の龍門の位置が各家で同じならまだしも,(実際は宗家・分家レベルでも異なっている)
なぜ能力の源は一緒なのに,赤羽の者だけで共振が起こるのだろうか?
_________________
う~む,謎だ…

あと,真夜が「勾璁の巫女」の生まれ変わりだと仮定しての疑問.
_________________
・「龍形気功鍛針功 四龍炎裂殲」(14巻P32辺り)はなぜ発動したのか?

「龍形気功鍛針功 四龍炎裂殲」
それは鍛針功という,氣を使った凄い技を使える人達が
同時に技を放った,いわゆる合体技である!!

で,「勾璁の巫女」というのはアマテラスの龍門を持った凄い存在の事で,
相手の技の「無効化」のような事が出来る人間である.
他の人との肉体的な違いは,通常右回りをしている龍門を左回りで有しているという点にあり,(16巻P64)
他の人が使った龍門の力を反対周りの力で中和するという原理のため,
ネギま!の明日菜のように「一切の魔力を打ち消す」という性質では無いと思われる.
(でなければ,鍛針功は愚か,ちびっ子姿で氣を溜めるということも出来ないはず.)

18巻の時点で「勾璁の巫女」特有の痣が発現したので,
アマテラスの龍門は18巻の時点で発現したとも考えられるが,
今まで真夜が一度も零毀(刀の名前)を発動出来ていなかった事から,
既に発現していたと考えた方が筋が通るのではないだろうか?
(私のイメージでは右利き用のはさみを左利きの人が使おうとしたが上手く行かないというイメージ.また,誰かが発動した際には中和して発動を抑える?)

すると,
真夜の鍛針功は左回りの龍門
宗一郎と光臣の鍛針功は右回りの龍門
ということになり,
「龍形気功鍛針功 四龍炎裂殲」!!
という字幕の後に,各鍛針功が中和されて,ふわりと心地よい風が吹く,なんて楽しい状況になったはずではないだろうか?

もっとも,
「アマテラスの龍門のみが左回転」とあるので,アマテラスの龍門の所持者でも他の龍門には影響無く,右回りで氣が流れているとすれば問題は無い気がする.
零毀を発動できなかったのは単に真夜の中にあるのが”龍眼”(真夜の家の龍門)の龍門ではなく,アマテラスの龍門だったから.日頃行使している龍門は右回りだから「龍形気功鍛針功 四龍炎裂殲」には別段影響が無かった,と.

あ,なんだかそんな気がしてきた.

どうなんでしょうかね?今後に期待!ww
_________________

まあ,これは真夜が目覚めたら(きっと)分かること.
死ぬな!真夜!

思ったよりもスケールの大きな話でとても楽しめました.
興味のある人はぜひ読んでみては?

|

« 今朝あった怖い話 | トップページ | 敢えて突っ込みはしない…なんて無理だ!!ww »

漫画」カテゴリの記事

コメント

とりあえず最新刊まで読んだ俺が適当に考察。

>なぜ能力の源は一緒なのに,赤羽の者だけで共振が起こるのだろうか?
異能の力は、もとが1つの家(っていうか人)から分化したから、
その作用ではなかろうか。力の源ではなく、力の継承元の問題と。

>「龍形気功鍛針功 四龍炎裂殲」(14巻P32辺り)はなぜ発動したのか?
これは覚醒前だったから、だと単純に思う。まだチャクラの回転が常人と同じであった。
零毀が発動できなかったのはアマテラスのせいではなく、
ただ異能の力を持たなかったからではないかと。
異能が発現できなかった理由に、潜在的にアマテラスが影響した可能性はゼロではないにしても。

結論
多分作者は気にしてない!

投稿: 風矢 | 2009年5月21日 (木) 22時16分

考察ありがとうございます.w
私も最新巻読みました.

>もとが1つの家(っていうか人)

本当だ,「父上の異能と権力は全て12人の兄弟へと(ry」って書いてありますね.
そして,この12という数字,異能が6人分,権力が6人分という意味なのか,単純に異能を持った兄弟が12人いたのか良く分からないという…
オラ,こんがらがってきたぞ?ww

>まだチャクラの回転が常人と同じであった。

検証のため
今後,真夜が目を覚ましてから打てるかどうか試してほしいものです.w

死ぬな!真夜!

>多分作者は気にしてない!

great!!!ww
そこにしびれるあこがれるぅぅ~!ww

投稿: midorimu | 2009年5月21日 (木) 23時02分

いや~、一切読んでないけど、ふと考えた。

まず共振とか共鳴。
これって、要は同じ振動数で振動をしていれば起こる現象じゃないっけ?
つまり原動力が何とか全く関係なく、似てればいいんじゃないの?と。

次に、回転する物体で考えると
1.回転軸を合わせて正面からぶつけた場合、同じ方向に回転していれば互いに回転を妨げあう。
2.回転軸を回転直径の分だけずらして正面からぶつけた場合、同じ方向に回転していれば強めあう。
3.回転軸と垂直方向を進行方向として正面からぶつけた場合、同じ方向に回転していれば妨げあう。
ように思える。
そこから導き出される結論は……「右回転と左回転の合体技って、洗車の機械とかピッチングマシン?」という……。
いや、ごめんなさい……でも、アレだよね。
互いに逆回転してる2つの輪状物体と相互に接触しつつ、その間を通り抜けた物体って、加速されるよね?
そんな思考に囚われた夜は過ぎ去り、今は朝ですね、はい。

……あるいは回転方向ってのは、イメージしやすいようにそう言うてるだけなんかも?

投稿: ジェイ・O | 2009年5月23日 (土) 06時51分

コメントありがとうございます.

>つまり原動力が何とか全く関係なく、似てればいいんじゃないの?と。

分かりにくかったようなので要約させていただくと,
私の疑問は
「何で似てるのに共振しないの?」
であり,原動力である氣に関しては,ジェイ・Oの言う「同じ振動数で振動」しているものを指しているつもりでした.
ちなみに,龍門が銃身で,氣が銃弾+撃鉄のイメージです.龍門自体では機能しないためにこのような分かりにくい表現になってしまっていました.
つまり,私の疑問はまさにジェイ・O氏の今回の疑問と同じだったわけです.w

>……あるいは回転方向ってのは、イメージしやすいようにそう言うてるだけなんかも?

時計を用いての説明だったので,比喩表現の可能性は十分にあると思います.
ですが,比喩では無かったときに上記の理論の可能性アリですね.ww

投稿: midorimu | 2009年5月24日 (日) 00時39分

>つまり,私の疑問はまさにジェイ・O氏の今回の疑問と同じだったわけです.w

いや、こう言っちゃなんだけど、全然違うと思うよ?
「似てないから共振しないんと違うかな?」と思ったので。
こちらこそ解り辛かったようで申し訳なく。

>原動力である氣に関しては,ジェイ・Oの言う「同じ振動数で振動」しているものを

原動力って、要はモーターっしょ?
「全てのモーターは同じ振動数(ってほぼ回転数と同義だよね?)で回っているんだ!」
……なんて、そんなコトがあるとは思えないわけですが。
流し込む電力量が違えば、振動数も変わるんじゃないかなぁ……と。
氣の個体差、ってやつですな。
ほら自分でも言うてるやん、「十分な氣があれば」って。

>龍門が銃身で,氣が銃弾+撃鉄のイメージ

であるならば、俺は反論の意志をより強固にするぞ!(笑)
まず「同じ規格の銃」かどうかが問題で、トカレフとベレッタじゃ、口径も部品形状もずいぶん違う。
それがライフルとハンドガンだった日にゃ、話にならないと言っても過言では……。
さらに規格が同じだったとしても、銃弾の装薬が同じとは限らない。
火薬を全部「火薬」と括ってしまうのは問題なんよね。
同組成でも粒の成型によって燃焼時間に差異が出て、適する用途が違う。
それに銃弾といえば、弾頭形状がFMJかJHPかシルバーチップかブラックタロンか……とにかくこいつら結構違う。
撃鉄にしても銃身にしても、まあそんな話はあると思うし。
銃身長が同じなんて、俺聞いてないよ?

……つまり、部分部分だけ見て「似てる」と言っても、意味無いんじゃないかと。
こう言うべきだったんでしょうな。
「原動力が似てる」のは「似てる」うちに入らないんじゃないの? と。

投稿: ジェイ・O | 2009年5月24日 (日) 05時57分

>「原動力が似てる」のは「似てる」うちに入らないんじゃないの? と。

その表現なら納得です.w

投稿: midorimu | 2009年5月24日 (日) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241791/30465894

この記事へのトラックバック一覧です: 天上天下:

« 今朝あった怖い話 | トップページ | 敢えて突っ込みはしない…なんて無理だ!!ww »