« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

もっとどうにかならなかったのだろうか…

某記事より
「『ストII』は“妄想”で遊ぶ時代に」

面白そうなのに,このネーミングセンスにはがっかりだ!

勝敗もきちんと設定されているようだし,
ちゃんとゲームになっているようなのに,
なぜ
『妄想』などという単語を用いてしまったのだろうか?

「ストリートファイターサウンドⅡ」
とか
他にもやりようはあったであろうに!

それでも「妄想コントローラー」だというのなら仕方無い!
私は春麗のKボタンを連打しまくるZE!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アッパー

最近ゲーセンに行ける機会が減り,
ボーダーブレイクちっくなものをやりたくなったので,
ロボットアクションものを買いに行ったら,

続きを読む "アッパー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日一番驚いたこと

http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1001/22/news051.html

続きを読む "今日一番驚いたこと"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんだ…この…

ハヤテのごとく! 22 (少年サンデーコミックス)Bookハヤテのごとく! 22 (少年サンデーコミックス)

著者:畑 健二郎
販売元:小学館
発売日:2010/01/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

読んだ後の憂鬱感は…

胃が…痛い!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと気になったので

「神羅万象チョコ」というものを買ってみた.

Rukia

レアっぽいのが当たった.

うれしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吸血鬼

傷物語 (講談社BOX)Book傷物語 (講談社BOX)

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

近場では,化物語も偽物語も置いてあったのに,
これだけ売り切れでした.
取り寄せて何とかゲット.

この辺りにヴァンパイアハンターでも居るんでしょうか?

以下,ネタばれ含む感想

続きを読む "吸血鬼"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦乙女と天照

天上天下(第21巻)天上天下(第21巻)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

初めから終わりまで脳汁出まくりでした.
この人,実は神なんじゃなかろうか.

読んだ人には勘違いされそうだけれども,
べつに,裸率高めだからと言うわけでは無いですよ?

以下,細かいネタばれ含む感想.

続きを読む "戦乙女と天照"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イヒ 牛勿 言吾

化物語(上) (講談社BOX)Book化物語(上) (講談社BOX)

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

化物語(下) (講談社BOX)Book化物語(下) (講談社BOX)

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以下,超短い感想.

続きを読む "イヒ 牛勿 言吾"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私にも遂に

ラブプラスVideo Gamesラブプラス

販売元:コナミデジタルエンタテインメント
発売日:2009/09/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

彼女が出来てました.

続きを読む "私にも遂に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘~い!

別冊 図書館戦争〈1〉Book別冊 図書館戦争〈1〉

著者:有川 浩
販売元:アスキーメディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

欲をいうなれば,もう少し堂上教官のどぎまぎする姿を見たかったです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここに居るぞー!(違)

  あなたはそこにいますか… 


『蒼穹のファフナー』
まさかの新作…だと!

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH


________「蒼穹のファフナーってどんなお話?」

「フェストゥム」
やつらは地球外からやってきた.
やつらは人の心を読む.
頭の中に響く声.
あなたはそこにいますか… 

その問いに答えてはいけない.

是をもって答えれば,個を破壊しに,
非をもって答えれば,自らの一部として同化しに,
やつらはやってくる.

思考を読まれてしまうため,通常の兵器は無意味.
フェストゥムに対抗するためには,
心を読まれないように設計されたファフナーで戦うしかない.

…しかし,
希望であるはずのファフナーには
乗ると搭乗者とファフナーとの同化が進み,遂には個を破壊されてしまうという欠点があった.

平和な島・竜宮島
そこに降り注ぐ声.
あなたはそこにいますか… 
主人公たちは,
現実を知る.
________________
大体あっているはず.

やばい,もう一回見たくなってきた!ww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛び立とう宇宙へ

blank-noteさんの作品「ひまわり」がPSP移植ですってよ!

外伝「こもれび」と「かげろう」も収録だそうです.

CVも豪華です.

アクアのCVは田村ゆかりさんだそうです.

怒ったら怖い戦闘指揮官の魔王様や
桜の島の「にゃはは♪」な71歳の学園長とは違い,
アクアはツンツンデレデレなツインテールですが,
一体どんな風に演じてくださるのでしょうか?

凄く楽しみです.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

これは良い重火力ですの!

っていうか,ギガノト榴弾砲とサワード・コング強すぎだってばよ!!ww

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ユデンの園ww





重機人間ユンボル  /武井 宏之 著 [本] 重機人間ユンボル /武井 宏之 著 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する


なぜ打ち切りになった!!??

重厚な機械!
素敵な登場キャラクター!
突っ込み所満載のギャグセンス!
そして,思わずため息が出るほどのネーミングセンス!ww
「ユデンの園」ってwww

泥臭さの混じる,男の熱き魂がこもったすばらしい一冊でした.

ウルトラジャンプでの掲載が連載だったら良いなぁ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がっつりと

ゲーセン行ってきました.

Photo
←一緒に行った黒猫夜氏がクレーンゲームで取って下さったウサビッチのプーチンです.
テラカワユス!!ww
本当にありがとうございます!!ww

以下,触れたり見たりしたゲームの感想抜粋.

続きを読む "がっつりと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機巧変化 神童

機巧童子ULTIMO 2 (ジャンプコミックス)Book機巧童子ULTIMO 2 (ジャンプコミックス)

著者:スタン・リー,武井 宏之
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

良い!

あ,
オビに
ユンボル」がウルトラジャンプにて掲載決定!!
って書いてある!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

【虫歯菌所有者】歯が~

題名は,「インセクター・ハガ」と読んでくださいませ.

今日,親知らずを一本抜きました.

続きを読む "【虫歯菌所有者】歯が~"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これは揉めただろうなぁ

TO LOVEるーとらぶるー画集「らぶから!」TO LOVEるーとらぶるー画集「らぶから!」

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

続きを読む "これは揉めただろうなぁ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週のジャンプ

・HUNTER×HUNTER
・矢吹健太郎

などの短い感想.(ネタばれ注意!)

続きを読む "今週のジャンプ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の目標は

「西尾維新作品に振り回されない事」
にしよう。そうしよう。

大丈夫。
たとえ振り回されてても、
私からしてみれば、回ってるのは世界の方だから。
大丈夫。

ネコソギラジカル (上) 十三階段 (講談社ノベルス)Bookネコソギラジカル (上) 十三階段 (講談社ノベルス)

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ネコソギラジカル〈中〉赤き征裁vs.橙なる種 (講談社文庫)Bookネコソギラジカル〈中〉赤き征裁vs.橙なる種 (講談社文庫)


著者:西尾 維新

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)Bookネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)


著者:西尾 維新

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以下、超ネタバレ含む、あまり実の無い感想。

続きを読む "今年の目標は"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけまして

おめでとうございます。

昨年は
至らぬ事も
失敗も多く
皆様にはご迷惑をおかけした事と思います。

今年も
失敗を恐れずにいろいろな事に取り組み、
そして吸収していきたいと思いますので、
皆様宜しくお願い致します!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »