料理

男のロマンはドリル

女のロマンは
圧力鍋だねっ!きっと。

ロマンと言いつつ、
超実用的なところとか特に!

______
先日
奮発して圧力鍋を購入。

短い時間でシチューがトロトロに!

しちゅ〜がとろっとろにっ!

これは素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自炊の極意

自炊の極意とは
「料理に合わせて食材を買わない」
ことだと思っている.

料理に合わせて食材を買うのではなく
食材にあわせて料理を選択し,作るのだ.

ジャガイモが安ければ肉じゃがを作るし,
キャベツが安ければ野菜炒めやロールキャベツを選択する.
肉が安かったと言うならステーキでもいい!

そして,これには
安いときに買って,上手く保存するという技術も必要になってくる.
冷暗所に置いているだけでしばらくもつ物もあれば,
冷蔵,冷凍させなくてはならないものもある.
前者も,皮を剥いたり,半分に切ったりすれば後者となる.

上手く保存し,
それを,新しく買い足した食材とともに選択肢に加えることで,
選択できる料理の品数は膨大になり,
お安く,同じ料理の連続に飽きることなく自炊を行う事ができる!

これこそが,
”自炊の極意”!!!

続きを読む "自炊の極意"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【爆発音】犯人は…この中に居る!

私のする料理は

続きを読む "【爆発音】犯人は…この中に居る!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶漬け

茶碗に山盛りのご飯をよそいます。

お茶漬けの元をかけます。

お湯を、茶碗の淵ぎりぎりまで注ぎます。

う、うまそう…ジュルリ( ̄¬ ̄*)

「いただきま~す!」

と、今自分が手にしたスプーンを見て、首をかしげる。

お茶漬けを…スプーンで?

これって、
カレーライスを箸で食べたり、
そうめんをフォークで食べたり、
味噌汁を素手(右手)で食べたり
するようなものなのではないだろうか?

ううむ。

けど、
新たに洗い物を増やす気にはなれず、
スプーンでモリモリといただくmidorimuでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シチューのルーが無いなら…

手作りすれば良いのよ!

と思い立ち、記憶に頼って作って見ました。

続きを読む "シチューのルーが無いなら…"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

角煮

「とらドラ スピンオフ2!」を読んでいたら、無性に角煮が食べたくなったので作ってみました。

kakuni.jpg

う・ま・い、ぞ~!!!ww

それにしても、豚肉のブロックはとても夢のある物体ですね!!
切り分けながら、wktkが止まりませんでした。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【いんふるえんざ】合法的引籠一日目

キムチがとても美味しいです。

日頃、辛いものが苦手な私ですが、
キムチがとても美味しいです。

弱っているときには、あまり劇物を食べるべきでは無いのかも知れませんが、
キムチがとても美味しいです。

ぶっちゃけ味覚が麻痺してるので、自分の思い描く「食べたいキムチの味」ではありませんが、
それでもやはり、キムチがとても美味しいです。

一過性かもしれないこの気持ち、今は大切にしておこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タマラン(*´д`*)

在庫処分品のコーナーにて、かき氷のシロップを激安で売っていました。

買いました。

あぁ、こういういかにも安っぽそうな物はたまりませんね。(*´д`*)

さて、こやつ、どう調理してくれよう?ww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

腹が減っては戦は出来ぬ。

ひもじかったので、家の中を探ってみたら皿うどんを見つけた。

続きを読む "腹が減っては戦は出来ぬ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉っぽい話。

自炊、再開しました。

そこで、夕食のために先日スーパーで買い物をしました。

肉コーナーにてレバーを見つけました。

今まで生肉状態で買ったことが無かったので、試しに購入してみました。

梅干し効果じゃないですが、レバニラをイメージしただけで涎がじゅるり。

わくわくしながら家に帰って調理しました。

以外にさばきにくかったので苦戦し、ニラがなかったので細ネギを使用しました。

出来た!ネギレヴァだ!!

(わくわく!)

(パクリ)

う…
ウマいぞぉおおおおお!!!

まさに、荒野に舞い降りた天使!
もちろん、メニュー的な意味で!!

うまい!うまいよ!!w


(これ以降の文章は、食後に読むの推奨。)

続きを読む "肉っぽい話。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)